【IT技術】google homeでアプリ開発②(Actions on Google&api.ai、動的な変数受け渡し)

前回作ったアプリをさらに発展させてみましょう。

前回は、呼んで一方的に応答するだけでしたが、
今回は、こちらからしゃべった内容を使って、回答を動的に作成してみます。

まず前回作ったintentを開いてTest response部分の日本語を編集します
こちらに質問するようにしてみましょう

次に新しいintentを作成します
「CREATE INTENT」を押しましょう

適当に名前を付けます→今回は「name_reply」
次にユーザーが回答する言葉の例を入力していきます
「山本です」や「私の名前は山本です」のように、

そして変数として認識したい部分を(この例では「山本」の部分)
マウスで選択し右クリックすると変数の候補が出てきます
→@sys.anyを選択(この名称をあとで使います)

Actionの欄に適当な名前をつけて(今回はreply_action)

ResponseのText responseの欄が重要で、ここに前の項で変数として認識した
$anyを返答に使います

できたらSAVEします

これでintentの設定は終わりです
次はIntegrationsの設定です

前回との違いは以下で、新規で作ったintentを追加しましょう
その後は、TESTを押します

ねらいどおり動きました
※「田中です」で動いているのがポイント!(設定は山本なのに田中で動くのはapi.aiのおかげ)

もちろんgoogle home実機でも動きます