【IT技術】IFTTTを使ってgoogle homeでtwitter投稿連携(サービス連携)

さあ次はgooglehomeに話しかけた言葉をそのままt

witter投稿する連携をやってみましょう

今回はIFTTTというサービスを使います
https://ifttt.com/login

このサービス名称は「if this then that」という略で、
何かをしたら何かをするという機能連携を簡単に行うためのサービスです

まずGooglehomeと連携しているGoogleアカウントでログインしましょう

次にMy Appletsを押して作成画面を表示しましょう
最初から1つだけAppletsが表示されています。
右上のNew Appletを押してください

以下のような画面が表示されます
まずは「もしthisの事象が発生したら」の部分を定義します
今回は「もしGooglehomeに話しかけたら」と定義したいですね
thisをクリックします

入力欄に、googleと入力するとサービスが絞られます
今回はGoogle Assistant(Google Homeはこのサービスを使っておしゃべりしている)を選択します

 

GoogleAssistant用の設定テンプレートが表示されます
今回は右の「Say a phrase with atext ingredient」を選びましょう

以下を参考に自由に入力してみましょう
What do you want to say?のところに、トリガとなるフレーズを入れます
$マークの部分は、次画面でtwitter投稿するときに使える変数です。
このテクニックにより好きなフレーズをgooglehomeにしゃべって、その言葉を
twitter投稿することが可能になります

What do you want the Assistant to say in response?
はgoogle homeが応答するフレーズです
好きな応答文を入力しましょう

できたらcreate triggerを押します

次にthatの部分を設定します
今回はtwitter投稿をしたいわけです
thatをクリックしてください

twitterで絞るとtwitterサービスがでてきます。クリックして選択

左上のPost a tweetを選択しましょう

今回は、「テスト投稿です」という固定文言に、Googlehomeに話しかけた言葉(全画面の$)を加えて投稿してみましょう

最後にFinishを押します

さあGooglehomeに「twitter投稿 こんばんは」と話しかけてみましょう
Googlehomeが「やまけん様、了解しました。twitterに投稿しますね」と応答し
以下のようにtwitter投稿されるはずです!

次回は、twitter投稿ではなく自由にAPIをコールしたり、少し会話みたいなことがさせられないか調べてやってみます