【IT技術】pythonで分析やってみよう(conda/jupyter)

分析、機械学習、最近ニュースで聞くことも多いのでやってみたいという方多いと思います。

これから少しづつ環境構築~実践まで紹介していきます

使う言語はpythonです

さて今回はまず環境構築を進めていきましょう
WindowsPC上にpython環境を作っていきます

pythonを単独でインストールするだけなら
https://www.python.org/
からダウンロードしてもいいのですが、後にいろいろ追加インストールするのでその際に依存関係に苦労することになります
(何かをインストールするのに、何かが足りない。バージョンが合わないなど)

1)condaのインストール

そこでオススメなのは「conda」を使った環境構築ですhttps://conda.io/miniconda.html
にアクセスして自分の環境に合うexeをダウンロードしてください

condaは悩ましい各ライブラリの依存関係を解決してくれます。
(後のライブラリ追加インストールが楽)

この時、python3系と2系を選択することができます。
ただしこの後の手順で両方使えて随時切替できるようにできますので
最初に選択するのはどちらでもよいです。
今回はまず3系のインストーラーを選んでみます。

Nextを進めるだけでインストール完了します。
完了したらコマンドプロンプトを起動して「python –version」(python -Vでも可)でバージョン確認してみましょう

無事python3がインストールできました。

★追記★
うまく動かない場合は、インストールフォルダにpathを追加してみてください

2)python2の環境構築

続けてcondaの仮想環境上にpython2環境を構築します
コマンドプロンプト上で「conda create -n py2 python=2.7」と実行してみてください(仮想環境名はpy2とします)

「y」で進めます

無事インストールできました。「conda env list」で確認してみましょう
このコマンドはcondaの仮想環境上の一覧を出力します

py2というpython2環境がみえますね。
実際に「activate py2」と実行して切り替えてみましょう

バージョン確認コマンドを実行するとpython2.7環境に切り替わっているのが分かります。

仮想環境を出るときは「deactivate」とすればOKです

3)jupyter notebookインストール

jupyter notebookは、IPython Notebookと呼ばれていた
python実行+各種メモが可能なエディタです
コマンドプロンプト+メモ帳で作業するより断然作業しやすいのでオススメです

「conda install jupyter」と実行します

いろいろ依存関係ライブラリのインストール対象も自動ででてきます
「y」で進めます

ダウンロード、インストールが進みます

終了したら「jupyter notebook」と実行するとブラウザが自動で起動すれば成功です

右上のNew>python3を選択してみましょう
エディタが立ち上がりますので

「print (‘Hello World’)」と入力してALT+enter
Hello Worldと出たら成功です

次回は、実際に分析作業をしていきましょう!